猫グッズ&猫雑貨のお店『猫びよりショップ』

猫びよりSHOP

猫びよりの連載で、日本の猫を撮り続けている
岩合光昭氏の写真がグッズになりました。

野生動物を中心に世界中の大自然での撮影に忙しい岩合氏は、日本に戻ると猫たちに会いに出かけます。北から南まで、出会った猫たちのあるがままの姿が写し出されます。数多い岩合ファンのために、身近なグッズからスタートです。IWAGOグッズは、今後も多数展開する予定ですので、どうぞご期待ください。

猫グッズ作家紹介

猫びより25号「私と猫」26号の本誌ショップにご登場いただきました。
26号掲載の「魔除猫」・「大仏猫」・「魔除猫」シルクスクリーンポスターは、当ブログでも販売中です。

世界のアートシーンで常に注目を浴びつづけている美術家、横尾忠則氏。その横尾氏が「芸術家の理想像」と讃えるのがうれしいことに「ネコ」なのだ。
「ネコは自分の思いに忠実だし、好き嫌いも明確。その妥協を許さない生き方は、有る意味、芸術家の理想像だと思う。でもねえ、ニンゲンはそれじゃ世の中生きていけないからね。共感と反発が半々ってところかな。要は羨ましいんですね。」
と横尾氏。また作品づくりに大きな影響を与えているという「無意識」の領域にもネコは深く関わっているらしい。「無意識の活用の仕方は、ネコのほうが優れている。キミもこういうふうにしたまえ、とよく言われているような気がする。」とも。疲れたときは愛猫「タマ」と遊ぶのが一番という横尾氏。これからもタマと一緒に素晴らしい作品を生み出していってほしい。

Tadanori Yokoo
1936年兵庫県生まれ。
1960年代よりグラフィックデザイナーとして国際的に活躍し、72年にニューヨーク近代美術館で個展。
81年に画家に転向し、東京都現代美術館などで、個展を開催。
今後も数年先まで個展の開催が予定されている。
作品はニューヨーク現代美術館、ボストン美術館、など国内外100以上の主要美術館に収蔵されている。

猫びより24号「ネコを創る人」25号の本誌ショップにご登場いただきました。

川口氏の「シルエット・オブジェ」は厚さ1ミリにも満たない薄い金属プレートで作られた、手のひらサイズの作品。
「影」のようになっている部分も、実はオブジェの一部。1枚のプレートが折り曲げられてできているという不思議な立体作品なのです。
モチーフになっているものはネコに限らないそうですが、ねこは「動きがしなやかで、シルエットにも特徴がだしやすい」とあって、お気に入りのひとつだそう。
川口氏が作り上げる不思議なシルエットの世界。この世界では、猫たちも不思議な時空を自在に行き来しているのかもしれませんね。

Kikuo Kawaguchi
造形作家。1953年、神奈川県生まれ。
72年、美学校・赤瀬川原平/絵文字工房在籍。
TV・CM美術造形、博物館用模型の制作を経て、99年『架空のシルエット』にて、第16回ハンズ・デザイン賞受賞。
その他、各地で個展開催。
現在ジブリ・シルエットオブジェも製作中。

猫グッズ作家近況
猫雑貨を探して三千里

GOODS INDEX

LINK